夏の風物詩とも言われるようになったペルセウス座流星群。
今年は8月13日が最も観測に適した日だそうです。
この日はほぼ新月のため、観測には好条件!1時間に40個ほど見られる可能性が高いと言われています。
13日の前後数日にも1時間に10個以上の流れ星が見られ、時期的にお休みの方も多いことから、『もっとも観測しやすい流星群』とも言われています。
FROMNOWの周辺は街の明かりもほとんどなく暗いため、見える流れ星の数は街中とはまったく違います。
玄関を出てすぐのテニスコートに寝ころんでの流れ星観測は本当におすすめです。
夜には少し肌寒いくらいのときもあるここ富士見高原ですが、
レジャーシートを敷いてごろんと寝ころぶと、昼間あたためられたテニスコートが
背中にほんのりあったかくて、とても心地いいんです。
おしゃべりしながら流れ星を待つ時間も楽しいものですよね。

ペルセウス座流星群についての詳しい解説はこちらが参考になります↓。
国立天文台のペルセウス座流星群のページ