4月17日(水)八ヶ岳・富士見高原の朝は、まだ寒い!
昨日の朝と今朝の冷え込みはすごく、 AM 5時に-2度で霜柱がありました。 
しかし、朝晩は冷えこみますが、昼間は10度を超える日が続き、かなり暖かくなりました。
景色は、まだ新芽の芽吹きはなく殺風景ですが、2週間後のGW頃には、新芽で淡いグリーンになると思います。
・・・・・ まだまだ、小鳥も寒そうです!


■ 八ヶ岳生活の仲間 / 友人 ■

時の経つのは早いものです!
昨年末に、 東京/多摩市の拙宅に 友人夫婦がみえてから、もう半年近く経ってしまいました。
そこで、こちらの生活を始めるにあたり、甲斐大泉にあるその友人宅にお邪魔してきました。

友人は、シュタイナー・人智学研究者でルドルフ・シュタイナーの主著「神秘学概論」の翻訳者でもあります。
私も、四十数年間・同じような研究をしていますが、会えば ” 馬鹿話 ” に花が咲き、殆ど難しい話はナシで終わります。友人と私は同じ年、そして、各々のパートナーも同じ年、こうなると馬鹿話が盛り上がる!
ま~、人生は時間つぶしでしかないと考えている私には、人生のすべてが ” 馬鹿話 ” 的なのですが!
な~んて思いながら、これからも八ヶ岳の風景や人々の紹介をしていきます。

◇ Gauguin ( ゴーギャン ) ◇
この絵も、私共からすると” 馬鹿話 ”の一種です。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は steiner_gogyan-1.jpg です









【 我々はどこから来たのか 我々は何者か 我々はどこへ行くのか 】

Gauguin ( ゴーギャン )  は、絵画で自分の疑問を表現しましたが、
この絵画/言葉の中には 、誰もが持つ疑問というか、興味が含まれているような気がします。



《 豆知識 》 ルドルフ・シュタイナーの人物像について、簡単に説明をしておきます。

☆ No2 Rudolf Steiner / Geisteswissenschaft ◇ Anthroposophie ☆

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は fn_steiner4.jpg です


ルドルフ・シュタイナーが生まれたのは、18世紀末から始まったヨーロッパ最後の思想的エポック、 ”ロマン主義”の終末期でした。
時代は、宗教から科学へ・文化から文明へ・精神から物質への大きなウネリ・変革期/政治の思想的混迷期で、 そのうえ、迫り来る戦争の足音を聞きながら成長していきます。
シュタイナーは、 青年期に、独文学者のカール・ユリウス・シュレーアー(ゲーテ研究者)に出会うと共に、このような時代背景が影響し、デカルト以降の近代自然科学の落とし穴や疑問について警鐘を鳴らし 且つ、社会状況を愁い、自分が体感し読み取った ”真理 ” を伝えなければならないという使命感が働きました。
その使命感から、講演に主力を注ぎ、ドイツの各都市~ヨーロッパの各都市と広範囲にそのことを伝えています。 講演回数は、5965回にのぼっています。( 講演のうち、記録に残っているのは約4,300回、活字になっているのは約3,800回分 ) 
又、平和と博愛主義を重んじるシュタイナーは、精神科学によって得られた洞察を一つの理念の基に方向づけて人々に伝えようとしました。 その理念をシュタイナーは、Anthroposophie (人智学) と名づけ、 現代では互いに離反してしまった 「科学」と「宗教」と「芸術」の再統合を目指そうとしています。
因みに、Geisteswissenschaft ☆ Anthroposophie は、ドイツ語の Geist(精神) + Wissenschaft(科学) ★ ギリシャ語の Anthropos (人間) + Sophia (智恵) を結びつけた言葉です。

シュタイナーの思想は、建築・教育・農業・医学・舞踏 ”Eurythmie(オイリュトミー)” ・宇宙進化等々の分野に及び、その分野を彼独特の論理で構築しています。
更に、人間がより良く生活できる社会構造を、「精神の領域」、「経済の領域」、「法の領域」の三種に分け、そのそれぞれが、「精神生活では自由」を、「経済生活では友愛」を、「法的生活では平等」を礎として、各種に独自性を持たせながら、 全体を一つと考える社会三分節化論として説いた人です。