縄文遺跡‐井戸尻遺跡

八ヶ岳周辺には縄文時代の遺跡が多くあります。
茅野の尖石遺跡では、国宝の「縄文のビーナス」といわれる土偶が発見されています。 ビーナスというよりは、日本人的な四頭身の愛嬌のある土偶です。
しかし、これはこれで色気があり、魅力的なプロポーションです。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は jyoumonn-b.jpg です

この富士見高原近くの信濃境にも、日本を代表する縄文時代の”井戸尻遺跡”があり、竪穴住居などが展示されています。
井戸尻考古館には、重要文化財に指定された縄文土器等も展示され、付近は井戸尻史跡公園として一般の人にも公開されています。
また、春の公園内は、睡蓮がきれいに咲き、牧歌的な里山風景を見せてくれます。
※ 2018年に八ヶ岳周辺の縄文遺跡群が日本遺産に指定されています。


今回は、この縄文文化の研究をしている友人の話です。

友人は、東京/国立にある私立/小中高・一貫校の小学校の教師でした。
そして、私より一回りも上の方で、私の娘二人の恩師でもありますが、友人と呼んでいます。
知り合ってから、三十数年経ちますが、友人といえるようになったのは、
友人が小学校を退職されてからのことですから、二十数年前からになります。
富士見町の”小六”という部落に”庵”を持っていて、度々お会いするようになりました。
娘たちによると、友人(娘たちには恩師)は、いつも訳の分からないことを言っていたとのことです。
このことは、友人になってから分かったことですが、子供たちに”訳の分からないこと”を言い、 ”その中にある訳”を自分なりに考えさせていたようです。
私のところにも、年に一、二回「ぬ~うっと」訪れ、「ぬ~うっと」と去っていきます。
・・・・ その訳を考えさせられています。
時には、ワインなども飲みながらインドや宇宙の話に花が咲きますが、概ね二人で訳の分からない話をしています。
・・・・ 人生は、訳の分からないことだらけ!ということですか?

友人は、昔からシュタイナー教育を研究し、実践しています。
そして、青年のようにロマンがあり 且つ、エネルギッシュに、 国分寺や町田、この地の”小六庵”で、にじみ絵やシュタイナー勉強会を開催しています。

※ にじみ絵 ではありませんが、・・・ 私が、 趣味にしている絵描きです。
ルドルフ・シュタイナーの 写真から横顔を想像して描いた、一筆書き的な似顔絵スケッチ!
・・・ 物思いに耽る美青年という感じで描きました。

Rudolf Steiner


その友人から、久しぶりにメールと封書が届きました。
メールには、現在、縄文文化と縄文人の生活の研究をしているとのことが書かれていました。
近くの信濃境に「井戸尻遺跡や考古館」があり、この縄文文化の学びの場で、
食事や生活、文化、踊りなど多岐にわたり研究しているようです。
封書には、ルドルフ・シュタイナーの研究過程での”こころの拠り所”が書かれていました。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は トントゥ(tonttu).jpg です

友人には、
私にとって、いつまでも”フインランドの森の妖精/トントゥ(tonttu)”
のように訳の分からない存在でいてもらいたいと思っています。
また、実利主義で便利を求めすぎるこの世の中!
私も、このような世の中にあっては、” 訳の分からない存在 ” になれるように努力しています。