2019年7月27日6時現在の台風進路予想

2019年7月27日(土)
台風接近! 昨年と同じ日に、同じような進路で八ヶ岳方面にやって来ます。
◆ 今日の小淵沢ホースショーと花火は中止になったようです!

《 開催者の正式コメント 》
7月27日(土)に開催が予定されていた「八ヶ岳ホースショーinこぶちさわ」は台風6号の接近にともない中止が決定しました。2年連続の中止決定は苦渋の決断でありましたが、みなさまの安全確保を最優先という結論となりました。
———————————————
AM9時30分頃は、八ヶ岳/富士見高原では、日が当たり雨も降っていませんでしたが、11時30分ころから雨が降り始めています。まだ風は強く吹いていませんが、進路予想からすると今後が心配です!




■  シリーズ :旅の途中! ■ 
色々な景色やモノを見て、色々な考え・色々な人に出会う!

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は fn_andromeda_photo-5.jpg です


さて・台風前の静けさの中で、徒然に!
最近の八ヶ岳住民と環境について書いてみます。
—————————————————————-
最近 八ヶ岳周辺への移住者が、驚く位に 増えています。
都会の生活に疲れたり、自然回帰思想や憧れからか私の周辺も移住者ばかりです。・・・  そういう私も移住者なのですが!
以前からの方や最近移住してきた方、二拠点住居の方、そんな方々ばかりです。
私の周辺や友人関係では、画家の方・陶芸家の方・翻訳家の方・音楽関係の方・ニュージーランドから移住した男性・アメリカ人の家族・学校の教師をリタイヤした方・役所を辞めた方・それから、伴侶をなくされた方々の移住が多くなっています。


この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は bird_akagera.jpg です
・・・ 前の森で写した”アカゲラ”というキツツキです/時には、フクロウも見かけます。

・・・ 八ヶ岳!
車がないと不便なところで、且つ、夏は涼しくてよいのですが、冬は寒くてつらい。 しかし、移住者は増えています。
逆に、冬のほうが好きだという方もいます。
移住者は、どこに住むのかというと、田舎の部落は、昔からのしきたりがあり面倒くさいので、別荘地や都会からの移住者の多い地域でコミュニティを形成しています。
又、北杜市などは、都会からの移住者で成り立っているようにも感じます。


鉢巻道路で遭遇した女鹿

八ヶ岳周辺で土地を購入する場合に注意しなくてはならないことは、水の確保とその先の汚水処理です。それに、都会でも同じですが近隣住民のことは気になります。都会を離れて田舎に住もうとする方々ですので個性的な人が多く、よく言えば人間的、悪く言えば我儘な方もいます。
そんなことも含めて田舎の良さと思わないとトラブルになります。
人付き合いが濃くなるのが田舎生活ですので、トラブルと大変です。
・・・ 都会よりも多いですよ、人間関係のトラブルは!

・・・ 窓から望遠レンズで写した”リス”です/冬なのに太っていました


移住者の方たちは、宿泊業・飲食店・農業・趣味の教室などで生計を立てる方もいますが、多くは退職金や年金をもとに暮らしています。
————————————————————————
又、移住者たちで コミュニティを作り、趣味の会や勉強会が花盛りです。
~を学ぶ会・~の勉強会・ 登山の会・ ハイキング・ランニング・トレッキング・乗馬・川遊び・絵画・陶芸・禅・瞑想・卓球・麻雀・写真・ロックハウスや家具造り・料理・自然農業・米作り・縄文会等々いくらでもあります。
気になる費用ですが、同行の会で最小限のお金のところもあれば、それなりにお金を取るところもあります。
又、富士見町には仕事と学びと集いの場という”森のオフイス”があり、テレワーキング・プロジェクトを進行させています。

富士見高原で撮った雲海と富士山

八ヶ岳周辺も、コンビニや大型スーパーができ生活するには不便はなく、全てにおいて都会的になってきました。
東京に出るにも中央高速を使えば、小淵沢ICから八王子ICまでは2時間弱で着いてしまいます。知人には、週の半分を東京で残りを八ヶ岳で暮らしているパワフルな方もいます。又、諏訪や茅野、長坂あたりまで行きますと、東京にあるチェーン店のほとんどがありますので、便利になりました。
—————————————————
約40年前の不便さを知っている私には、便利になることは良いのですが、田舎らしさが消えていき、何か複雑な気持ちも残ります。


※ 田舎で生まれ・田舎で育った方が大学などで都会に出る。そして、やむなく都会で就職し、結婚する。
そのような方はUターンで戻っても馴染みやすいでしょうが、 都会で生まれ・育った方が都会を捨てて移住する。これは、今まで育んだアイデンティティの変換にもなりますので慎重に考えるべきでしょう。

価値観(どこどこの出・或いは身分など)・人間関係(地域の行事参加)・政治(なれあい)・村社会(村八分もあります)等々都会では死語になったような言葉・事も生きています。しかし、逆にそこが人間的で楽しいのですが、腹は立ちます! ( 移住者は、いつまでたっても”よそ者”なんです!)
大体が、談合的/村の名士の意見・部落の長の考えで決まっていきます。だから、腹は立ちます!
日本自体が”村社会(島国)”なんだから、仕方がないと諦めるか、変換していくかは移住する方次第です。 ・・・  田舎! 個人個人が、無関心ではいられない、生きていけない社会なんです。
それが嫌なら、別荘地に住んで、都会人として暮らす手もあります。
又、有名人・俳優・女優などが田舎に住んで、周りから優遇され、田舎の良さをマスコミに述べていますが、普通の無名人が行ってもそうはいきません。
・・・ これも一種の田舎独特の権威主義的現れです。
しかし、大自然に囲まれての生活! 当然、自然の厳しさもありますが、自然の美しさや優しさは人間らしさを復活させてくれて、心を穏やかにもさせてくれます。これは、都会では味わえないことです!

移住の結論は、観光に来て自然に憧れるのとそこで生活するのでは180度も違うことを覚悟(理解)して結論を出すべきではないでしょうか。


◆  ◆  ◆   ◆   ◆   ◆   ◆   ◆   ◆   ◆


この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は popo-2.jpg です
ペットのポポ(3歳)

●  動物と癒し  ●

不思議ですね! 動物を見ていると癒されるのはなぜでしょうか?
———————————————————————-
八ヶ岳の移住には全く関係ないのですが、気分転換に十年近く前に亡くなった愛犬”コロ(雑種)とソラ(黒柴)”の写真を見て下さい。

現在は、犬などは面倒をみるのが大変なので、小さな生き物の”小鳥(黄色のセキセイインコ/ポポちゃん・3歳)”を飼っています。自分の名前を言ったりハトポポを歌うお喋りな小鳥です。
生まれた時に歩けなかったインコを引き取り、一月かけて歩けるようにしましたが、後遺症が残り足が伸びません。歩き方は、お尻をフリフリですがヨチヨチ歩けます。
写真の青色のインコとグレーのオカメインコは、遊びに来た娘たちが飼っている小鳥です。

青色のインコとは色が違っても仲間と分かるのでしょう、チョッカイを出しますが、「ポポちゃん・ポポちゃん」とばかり言うので驚いています。
グレーのオカメインコは少し大きいので気になるのですが、離れてみています。
一番下は、八ヶ岳鹿の顔のクローズアップ写真です。優しい目に癒されます!