ルドルフ・シュタイナー
” 黒板絵と色相環 ”

バレンシアのスケッチ


【 建築家の絵画 – その2 】
ルドルフ シュタイナー  の黒板絵(画)



ルドルフシュタイナー


ルドルフ シュタイナーは、 1861年2月27日 ( 1925年3月30日没す。享年 64才 ) に 当時のオーストリアの国境近くの町クラリエヴェク(当時のオーストリア帝国 から ユーゴスラヴィア > 現在はクロアチア、ボスニアなどの国に分裂)にて、オーストリア帝国南部鉄道の公務員(薄給の鉄道職員)であるヨーゼフ・シュタイナー(敬虔なカソリック教徒の両親)の元に第一子として誕生した神秘学者/人智学者で、スイスのバーゼル郊外のドルナッハに第一ゲーテアヌムや第二ゲーテアヌム、その周辺の施設や住宅の設計をした建築家でもあります。


ルドルフ・シュタイナー設計の建物

ゲーテアヌム
第ニゲーテアヌム
第一ゲーテアヌム
グラスハウス
第二ゲーテアヌム
ゲーテアヌム室内



又、彼は物質とエネルギーに特化しているこの世の中で、” 自己の存在を確認し、自己が見聞きする世界 ” が、揺るぎのない ”真実 ”であるという根拠は?  という疑問を呈し、 霊的魂的洞察から導いた一つの理念/思考(精神科学)を、人々に広く伝えようとしました。 その思考/理念をAnthroposophie (人智学) と名づけ、”宗教”ではなく”科学”であると述べています。
そして、現代では互いに離反してしまった 「科学」と「宗教」と「芸術」の再統合を目指そうとした思想家です。

そのような観点から、独特の形状・色彩での建築や黒板絵を描き上げています。

彼は、自らの思考方法は 精神世界(霊的世界)をただ崇めるだけの宗教や霊媒的なプロセスを介しての心霊主義者のヴィジョンとは異なり、精神世界のありのままを認識するという意味で、科学(Wissenschaft)なのだと述べ、 独特の哲学、生命の霊的進化や死後、宇宙の進化論に留まらずに、教育・医学・農業・芸術/建築・舞踏/Eurythmie(オイリュトミー) など幅広い分野に至っていますが、 種々の誤解や批判的な意見/解釈があるのも事実です。

思想家・建築家のシュタイナーが講義時に描いた黒板絵

シュタイナーが一般講義の際に自分の思考を説明するために黒板に描いたものです。
その絵が、余りにカラフルで綺麗でなので、シュタイナーの仲間たちが保存するために黒板に黒い紙を張りその上に書いてもらったものが残っているのです。
黒板絵の色彩といい、構図・構成といい、無意識的(単なる説明)に手が動いてこのような絵が出来上がるんですね。
説明のためのもので、絵を描こうとはしてないのにこれです!
・・・ 凄いですね。



それでは、シュタイナーの黒板絵をご覧下さい!

シュタイナー建築/シュタイナー・メモスケッチ
シュタイナーの黒板画
シュタイナーの黒板画
シュタイナーの黒板画
シュタイナーの黒板絵
シュタイナーの黒板画
シュタイナーの黒板画
シュタイナーの黒板絵
シュタイナーの黒板絵
シュタイナーの黒板絵
シュタイナーの黒板絵
シュタイナーの黒板絵
シュタイナーの黒板絵
シュタイナーの黒板画
シュタイナーの黒板絵
シュタイナー黒板絵
シュタイナーの黒板絵
シュタイナーの黒板画
シュタイナーの黒板画
シュタイナーの黒板画
シュタイナー黒板絵
シュタイナー黒板絵
シュタイナーの黒板画
シュタイナーの黒板画
シュタイナー黒板絵
シュタイナーの黒板画
シュタイナーの黒板画





シュタイナー、ゲーテの色相環

色については深く興味があるのですが、ここでは色の特性を簡単に三原色と色相環を図式化して掲載しますので、参考にしてください。
いつか、色彩論・色相環も取り上げたいと思っています。

シュタイナーの色相環と色の三原色





ルドルフ・シュタイナーの項目には、”シュタイナー建築 ” もありますので、興味のある方はクリックしてみて下さい。

《 シュタイナー建築 》

シュタイナー建築 ☆ シュタイナー思想の造形